交通事故と時効(2)~民法改正の影響

令和2年4月1日に民法改正が施行されることになっており、それにより交通事故の損害賠償請求権の消滅時効も大きく変わってきます。
消滅時効は、完成する前に裁判所に訴訟提起をする、相手方から承認の書面を取る等の措置を講じなければ、こちらの請求権が消滅してしまう、という権利自体に非常に大きな影響を与える制度です。

1.短期消滅時効

民法改正により、人の生命又は身体を害する不法行為による損害賠償請求権の短期消滅時効の期間を5年間(民法724条の2)となります。

その為、人損については交通事故の短期消滅時効が5年に延びることになります。

また、令和2年4月1日より前に起きた事故でも、同時点で消滅時効が完成していないときは5年に延びることになります。通常の債権では債権発生日が令和2年4月1日より前であれば、旧民法が適用されますが、不法行為では被害者保護を優先させる必要があるため、と説明されています。

2.長期消滅時効

不法行為時より20年間経過した場合にも権利が消滅するとされていましたが、民法改正により、この20年間が除斥期間ではなく時効期間であるとされました。

法律的な話になりますが、時効期間とされることで消滅時効の援用(民法145条)を要するほか、中断・停止も生じ、また消滅時効の援用が信義則違反または権利濫用となるケースも出る可能性があります。

時効以外にも、交通事故の賠償に影響する民法改正事項がありますので、民法改正後は、その点を考慮しながら相手方に請求をしていく必要があります。

その他の関連コラムはこちら

おりお総合法律事務所

地元密着で300件を超える実績(2019年)の交通事故相談を是非ご利用ください。

完全予約制。当日・前日のご連絡でも空きがあれば相談可能です。

ご予約受付時間:平日9:00~19:00・土曜9:00~13:00

093-692-5366

ネット予約24時間受付中

法律相談お申込み

地元密着で300件を超える実績(2016年)の交通事故相談を是非ご利用ください。

完全予約制。当日・前日のご連絡でも空きがあれば相談可能です。

ご予約受付時間:平日9:00~19:00・土曜9:00~13:00

093-692-5366

ネット予約24時間受付中

出張相談について

お客様の事情により、福岡県・大分県・山口県への出張相談が可能な場合がございます。
時期、内容によりお受けできない場合がございます。
詳細はお電話でご確認ください。
遠賀町役場から車で10分~14分程度
中間市役所から車で14分~18分程度
鞍手町役場から車で20分~26分程度
水巻町役場から車で7分~9分程度
芦屋町役場から車で16分~22分程度
岡垣町役場から車で16~24分程度
直方市役所から車で28分~40分程度
ページトップへ