異議申立

後遺障害等級が非該当になってしまったなど、後遺障害の認定に不服があるときは、異議申立てという手続きができます。「その後遺障害の認定はおかしいから、もう一度考えてみてくれ」という手続きです。異議申立てがなされると、損害保険料率算定機構において、再度、認定結果に間違い等がないかどうかの検討がされます。

異議申立てに関して、よくある相談内容を紹介します。

  • 自賠責の後遺障害等級が認定されなかったため、より高い等級がふさわしいのではないか
  • 後遺障害等級が認定されたが等級が適切かどうかわからない
  • 認定された後遺障害とは別の後遺障害があることが判明した

異議申立ての法律相談

1 認定された後遺障害等級が適切かどうかの確認

後遺障害等級の認定結果について自賠責から受け取ったとしても、内容が全く分からない方がほとんどだと思われます。当事務所では、後遺障害診断書、診断書、診療報酬明細書、カルテなどを参考に症状を具体的にお伺いをした上で、認定結果について適切かどうかの検討をします。その上で、後遺障害等級が適切でないと考えた場合は異議申立てを致します。検討した結果、認定結果が適切であると考えた場合は損害賠償請求を進めていくことになります。

2 専門知識に基づく異議申立て

後遺障害の認定については難解な面が多く、異議申立てには専門的知識が要求されます。当事務所の弁護士は後遺障害の認定に関する経験を有しており、常に専門書等で知識の研磨をしているため、専門知識を有しています。

3 異議申立てを弁護士に依頼するメリット

異議申立てを認められるためには、異議申立てに必要な医学的な資料を提出することが必要となります。どのような医学的な資料を用意し、どのように立証していくべきかは異議申立ての経験を経た弁護士でしか分からない面がありますので、弁護士に依頼する方がより良い結果につながりやすいといえます。
また、異議申立てをすると、自賠責から追加で資料を提出するよう指示がくることがあります。このような自賠責とのやりとりは全て弁護士が代わりに行いますので、依頼者の方は負担を軽減することができます。

おりお総合法律事務所

地元密着で300件を超える実績(2019年)の交通事故相談を是非ご利用ください。

完全予約制。当日・前日のご連絡でも空きがあれば相談可能です。

ご予約受付時間:平日9:00~19:00・土曜9:00~13:00

093-692-5366

ネット予約24時間受付中

法律相談お申込み

地元密着で300件を超える実績(2016年)の交通事故相談を是非ご利用ください。

完全予約制。当日・前日のご連絡でも空きがあれば相談可能です。

ご予約受付時間:平日9:00~19:00・土曜9:00~13:00

093-692-5366

ネット予約24時間受付中

出張相談について

お客様の事情により、福岡県・大分県・山口県への出張相談が可能な場合がございます。
時期、内容によりお受けできない場合がございます。
詳細はお電話でご確認ください。
遠賀町役場から車で10分~14分程度
中間市役所から車で14分~18分程度
鞍手町役場から車で20分~26分程度
水巻町役場から車で7分~9分程度
芦屋町役場から車で16分~22分程度
岡垣町役場から車で16~24分程度
直方市役所から車で28分~40分程度
ページトップへ